Journal of Ocean & Culture
SNS
Mailing Service

沿革及び現状

推進背景

  • 国民の進歩的な機運を高め、海洋大国のランドマークとして、
    総合海洋博物館の建設必要性が浮上。
  • 海洋関連遺物の収集・研究・展示を通じて、国民たちに
    総合的・体系的に海洋未来ビジョンを提示
  • 海洋観光産業の振興のための地域経済活性化を図る

THE HUB OF
MARITIME CULTURE

martime culture1
martime culture1
martime culture1
SUMMARY OF PROJECT

事業概要

  • 事業期間 09.12~'12.7
  • 建設場所 釜山広域市影島区海洋路301通り45(東三洞)
  • 建設規模 敷地45,444㎡、建築延べ面積25,870㎡(地下1階、地上4階)
  • 建設方式 賃貸型の民間投資事業(BTL, Build-Transfer-Lease)
  1. 2015
    1. 4 法人設立
  2. 2012
    1. 7 国立海洋博物館の開館
    2. 5 管理運営権の開始
    3. 4 工事竣工
  3. 2009
    1. 12 国立海洋博物館の実施計画承認(12.18)及び工事着工(12.31)
    2. 7 国立海洋博物館の実施協約の締結
  4. 2008
    1. 8 実施協約締結の交渉着手
    2. 6 国立海洋博物館の優先交渉対象者の選定(仮称、海洋文化株式会社、テヨン建設コンソーシアム)
  5. 2007
    1. 9 国立海洋博物館の施設事業基本計画の告知
      妥当性・的確性調査及び施設事業基本計画の立案
    2. 5 国立海洋博物館建設の諮問委員会構成
  6. 2006
    1. 12 国会予算案議決時、2007年度のBTL事業として決定
      国立海洋博物館事業の予算妥当性調査(B/C=1.44)